正しい洗い方をしないことで起こるデリケートゾーンのトラブル

デリケートゾーン 洗い方 知識

 

洗顔方法などに関する知識はさまざまなメディアでも紹介され、友人同士の話題に上ることもありますが、デリケートゾーンの洗い方ともなれば中々相談できないと言う人は少なくありません。

 

そのため自己流で行ってきたことでケアが不十分になり、さまざまなトラブルに繋がっていると言うケースは多いようです。

 

デリケートゾーンの洗い方が間違ったままでケアが不十分な状態だと雑菌が繁殖していやな臭いを放ったり、かゆみを感じて悩んでいると言う人もいます。こうした悩みの多くは実は洗い方を正しく変えるだけで悩みを解消できることが少なくありません。

 

女性のデリケートゾーンは形状が複雑で感染が多い部位なのできちんと洗っておかないと汚れやすくなります。細かな部分に汚れがたまりやすく、丁寧に洗っているつもりでも実は汚れが残ってしまうことが少なくありません。

 

ちょっと恥ずかしいと感じるかもしれませんが、お風呂に入って洗った後に自分でデリケートゾーンに汚れが残っていないかということを、時には鏡などを使って確認してみることも必要です。

 

デリケートゾーンの洗い方の基本としては、大きく分ければ陰毛からスタートし、性器部分、会陰部分、最後に肛門という順番に洗ってゆくようにします。

デリケートゾーンの正しい洗い方と注意点

デリケートゾーン 洗い方 知識

 

デリケートゾーンを洗う方法としては、ごしごしこすることなく優しく洗うのが基本です。
参考:デリケートゾーン用の黒ずみクリーム

 

石鹸やボディソープなどをそのまま直接塗って洗うのではなく、洗う前に良くあわ立てた状態にしたもので優しく洗うようにします。

 

指の腹などを使ってデリケートな部分に傷をつけないように洗うのですが、細かな溝の部分や、包皮に隠れている部分などは汚れがたまりやすいので、優しく、しかし丁寧に指の腹で洗ってゆくようにします。

 

最後にはシャワーでしっかりと石鹸分が残らないうように洗い流しておくことが大切です。

 

また、汚れをしっかりと洗うことは大切でも、膣内まで石鹸を使って洗う必要はないということは大切なポイントです。
膣内を石鹸などで洗うと膣の自浄作用が低下し、かえってトラブルを誘発することに繋がる可能性もあるので注意する必要があります。

 

また、身体を洗うボディソープなどを使用するとかゆみなどを感じるという人には、デリケートゾーン専用の石鹸を使うこともおすすめです。
においの発生を抑えることに注目したものや、低刺激で敏感肌の人でも安心して使えるものなどさまざまなタイプがあるので自分の状態に合わせて最も合ったものを選ぶようにします。